今まで知らなかった興信所と探偵の違いとは


興信所は探偵とどう違うか

興信所の業務内容には、企業の信用調査や雇用に関する調査、結婚に関する調査などがあります。
興信所と同じような業務を行っている職業としては、探偵事務所があります。昔は、興信所は主に企業関係の調査、探偵事務所は個人関係の調査と分かれていたのですが、現在ではそのような取り扱い分野の区別はほぼなくなっています。
興信所と探偵事務所は、調査の方法に明確な違いがあります。探偵事務所における調査業務は、張り込みなどを駆使して、調査対象者に対して探偵の身分を明かすことはなく、なおかつ存在自体を知られないように行います。一方、興信所における調査業務では、調査員が対象者に対して身分を明かして、電話や対面などで聞き込みを行ったりします。時には、外へ出ることなく事務所の机上で調査が終わることもあります。そのため、探偵に比べて得ることが出来る情報には限界がありますが、手間がかからない分、料金が安く済みます。また、出来るだけ信憑性がある情報を引き出すために、調査員の腕が重要になります。
なお、最近では、興信所のような対面調査も、探偵事務所のような尾行調査も両方とも取り扱う総合興信所が増えており、調査方式による区別もだんだん曖昧になってきています。